保育士求人サイトで紹介数ナンバー1!

-好待遇求人-保育士コンシェル

保育士 辞めたい

保育士を辞めたい。。。

 

 

これ、保育園の現場で働いていると誰もが感じることですよね。正直、私も10年以上保育士として働いてきましたが、どんな人でも口ずさんでいる言葉になります。理由はそれぞれにありますが、

 

保育士の退職理由で多いのが、
「人間関係」
「待遇」

 

 

この2つで上位の半数を占める割合となっています。詳細についてご紹介しますね。

 

・「人間関係」について
人間関係はいろんな意味で増えています。保育園という性質上「職員同士」「子供」「保護者」とイヤでも毎日顔を合わせて関わりを持たなければなりません。もし、そこに溝ができていたら??毎日保育園へ行くのも、憂鬱になりますよね。

 

そうなると心の病になる可能性も示唆できますし、今後社会生活すら危うい状況になります。そうなったら毎日「保育士を辞めたい」と思うばかりで負のサイクルにはまっていきますね。

 

辞めたいと思ったときにはいつでもやめることができます。そのため、出来るだけ自分のキャリアにも傷がつかずに周りの方への迷惑をかけるのも最小限にとどめることができるようにしたいものですね。

 

 

・「待遇」について
これは世間でも話題になっていますが、保育士の仕事が結構重労働です、いわゆる3Kと呼ばれるもので「汚い」「キツイ」「危険」と命を預かっており、子供に対するすべての世話をするのですから十分に問題になります。

 

また、新3Kと呼ばれている「キツイ」「帰れない」「給料安い」にも当てはまっており、辞めたいと思う方も多いですね。

 

 

このように保育士が辞めたい理由は子供ではなく、あくまでも保育園内部のことが多いですので、選択肢をしては違う保育園へ転職をするか?全く違う仕事に転職をするか?になります。

 

 

私は「保育士 求人」にも書いていますが、せっかくなので高待遇で条件の良い保育園へ就職をすることをおススメします。

 

 

国家資格を苦労して取得したのですから「保育士」として再出発をしてくださいね。

 

 

一緒に読まれています。
保育士 転職