保育士求人サイトで紹介数ナンバー1!

-好待遇求人-保育士コンシェル

病院 保育士 求人

今、保育士の求人で非常に多く出ている求人が「病児保育士」になります。

 

 

その理由は??
病児保育士が世の中で注目されてきました。昔は保育士といえば、保育園でしか働くことは有りませんでしたが、今では幅広い分野で求人が出ておりその中でも多いのが「病児保育士」になっています。

 

 

また、37,5℃の涙というドラマで病児保育士が出てきてことでも注目を集めています。

 

 

病児保育士といっても二つの働き方があり、実際に病院で入院している子供たちや、診察にきている子供の対応をする仕事が一つ目。この働き方を希望する場合には「病児保育士」の資格を取得しておく方が良いでしょうね。

 

 

もう一つは、病院内にある保育園で働くことです。この場合は、看護師の子供を基本は見ることになります。普通の保育園と変わりませんが、夜勤があったり、休みも日曜日に固定ではないので少し変わった勤務になりますね。

 

 

このように「病院で働く保育士」があります。

 

 

前者の場合は心のケア的な部分も求められるので対応力やコミュニケーション能力は必要です。また後者の仕事とは違って元気な子供ではない分対応力が求められます。

 

 

後者の場合は運営が病院ではなく、民間の保育会社のケースもありますのでそのあたりもしっかりと対応するようにしたいものですね。

 

 

病院で働きたい方は、ぜひ探してみてくださいね。
>>>保育士専門エージェント

 

 

 

一緒に読まれています。
保育士 求人 ハローワーク
保育士 求人