保育士求人サイトで紹介数ナンバー1!

-好待遇求人-保育士コンシェル

保育士 給料

保育士のお給料ってどれくらい??

 

 

最近は待機児童問題から、保育士の確保の問題などニュースでも取り上げられる機会も多いので世間の一般職と比較をされるケースが多くなっています。

 

 

そこで紹介をされた保育士の平均給与額は、、

 

 

「26.8万円」
(情報はこちら⇒http://blogos.com/article/173759/ )

 

これに怒りを覚えるのは私だけでしょうか?

 

 

この保育士の平均の給与額が明らかに操作されています。はっきりいって保育士のお給料はこんなに高くありません。地域にもよりますがおそらく平均お給与は「20〜21万円」と言ったところでしょう。

 

 

なぜ、国が発表をしたお給与と5万円も差が出来るかというと、公務員の保育士のお給料も平均に入っているからです。保育士はが働く保育園には民間と公立があります。公立に勤務をするためには公務員試験に合格をしなければなりません。

 

 

その人たちは基本的に公務員になりますのでお給与の平均も高くなります。
(園長クラスになると年収600〜800万円です)

 

 

このように高いお給与をもらっている人を平均に入れているからこんな額が出てきています。しかし、公務員で退職をする人はいません。そのため、年々みんな昇給をします。その結果、公立保育所はどんどん民営化の動きが増しています。

 

 

実際に多くの世の中の保育園が民間です。
公立は縮小傾向です(赤字部門だから)。

 

 

民間の保育園の先生たちは年収200〜280万円くらいで毎日必死に働いています。このような方々のお給与を上げるために国はもっと考えるべきです。公立の保育士と同じように考えてはいけませんね。

 

 

過去は全国で公立の保育園の方が数が多かったですが、どんどん民間移管されており今では民間の私立保育園の方が多くなっており待機児童問題を支えています。このような方に為に国は本気で考えるべきですね。

 

 

先日たった2%を上乗せするという法案が出ましたが、もともと低い民間保育園の方のお給与とたった2%上げても正直寝耳に水。潜在保育士が戻ってくるとは思えないです。

 

 

民間の保育園の先生は私も成功したように、自分で高待遇な求人を見つけなければお給与を上げることは困難ですので、転職をいう視野も考えておきましょう。

 

 

私が月給2万円お給料をあげた方法
保育士が高待遇な転職をする方法

 

 

 

一緒に読まれています。
保育士 求人 高収入